« February 2005 | Main | April 2005 »

2005.03.31

いまここから

ついにこの日が来ちゃいました。
柿島伸次バンドのワンマンのゲネですよ。
前回まで譜面見て弾いてた曲も今日はぜーんぶ覚えて、コーラスもやって、曲のつなぎも確認。
まあ、間違えまくってたけどね(笑)
朝から7時間ほぼ休みなくやってたからさすがに疲れた。
バンドって演奏してる時は何ともないんだけど、終わると意外と疲労感があったりするんだよね。
演奏中はアドレナリンが出てるせいなんだろか?
リハ内容はテープ(MDだと車で聴けないので。アノログでしょ?)にバッチリ録音したので、あとは練習あるのみ!
と言っても2日のフロウズンの円形広場ライブが終るまではテープ聴いて過ごすだけかな。
さすがにごっちゃになることはないんだけど・・・。

明日からライブ3連チャンだし、今日は早めに寝ようかな。
でもライブのことしか考えないで毎日を過ごせるのは、ある意味究極の幸せだよね。
てなわけで明日大宮HEARTSで会いましょう!
おやすみなさい〜。


2005.03.30

色・ホワイトブレンド

もう春だというのに一向に暖かくなりませんな。
毎年こんなもんだっけ?
この時期になるといつも花見しようしようって話題に出るんだけど、結局やらず終いで毎年過ぎるんだよな。
四年前ぐらいにミュージシャン仲間で井の頭公園で飲んで以来か?
実は俺花見って数える程しかしたことないのかもなあ。
どっちにしろ、みんなで酒を飲む大義名分が欲しいだけだったりするんだけどさ。
でも桜の花ってのはホント日本人に好かれるよね。
儚さとか、侘びサビとか、日本人が大切にしたがるものが集約されてるからなんだろうね。
一年の中でほんの一時しか咲かない花って他にもたくさんあるんだろうけど、色や形や季節や散り方が「和」の心を感じさせるんだろう。
ようやくそんな風に思いを巡らせながら花見を出来る年になりました(笑)
今年もし花見する機会があったらバカ騒ぎしないで俳句でも読むか・・・無理だな(笑)

2005.03.29

Natural vibration

良い音ってどんな音なんだろ?
こないだのライブで「ライブ自体は良かったんだけど音がね・・・」と数人に言われまして。
出音ってのはその日の体調や天気によっても左右されるものだけど、楽曲やバンドイメージが損なわれているんだとしたら忌々しき問題だからね。
もちろんサウンドってのはライブ全体の一要素でしかないんだけど、フロウズンってバンドは勢いやノリよりも、構築された世界観が魅力のバンドだと思うんで。
その構築された世界観が勢いやノリによって歪んだり、壊れたりするところにうちのライブの醍醐味はあるんだと思う。
そんなわけで最近のリハは濃いです。まあいつも濃いんだけど。
単なる練習ではないなあ。
4人全員が機材一新している時期だし。
ボーカル、ギター、ベース、ドラムがそれぞれ良い音だとしても、混ざった時や混ぜ方、混ざり方で楽曲の伝わり方は変わるからね。
こればっかりは経験を積むしかないんだろうかね。
自宅にリハーサルスタジオが欲しいです(笑)

2005.03.28

ロマンティックが止まらない

仮に100歳まで生きたとしても、人間はこの世の中のほとんどのことを知らないで死んでいくんだろう。
なのに年をとるにつれて、毎日に新鮮さを感じなくなるとみんな言う。
ホントは世の中知らない事だらけのはずなのに。
ちょっと一歩踏み出すだけで毎日が新鮮なものになるはずのに。

ネットを始めとする情報が発達した現代では、自分が生身をもって体感しなくても、何となく分かった気になるものがたくさんある。
でもそれはガイドブックを読んで、あそこの店はマズイというのと同じぐらい無意味だ。

頭で分かってるはずなのに毎日が退屈に感じる奴は好奇心、行動力、向上心がないからなんだろう。
歩き出せば景色は自ずと変わってゆく。
それは例えばいつもより10分早く起きて、急行を各駅停車に変えてみたり、家に帰って最初に付けるTVをフジテレビじゃなくNHKにしたりするだけでも良いと思う。

ライブDVDと生のライブは、AVと本物のSEXと同じぐらい差があるってことだ。

2005.03.27

Dark desire

自分の中に渦巻く闇、抱える負をどう処理するか。

吐き出す。
勇気、ストレス、保身、自己嫌悪・・・様々な葛藤がある。

モノ、第三者に八つ当たりする。
無意識に自分より弱い存在をチョイスしてしまう。

溜め込む。
我慢ってやつですね。

飲む。
何も変わらず。

逃げる。
何処へ?

闇は処理せず、向き合ったり、認めたり、転がしたり、まとめたり、味わったり、まぐわったり。
楽しいよ。
世界のあちこちに色んな人がいて良かった。

2005.03.26

六本木心中

今日はMXTVの「INDIES A GO GO」という音楽番組の公開収録ライブでした。
ライブ前にコメント撮りしたり、楽屋にカメラ入ったりと慣れない事だらけ。
番組を作る過程でたくさんのスタッフが関わってるということが良く良く分かった一日でした。
ホント大変なことだよね。CDでも何でもそうだけど、何かを創り上げるって作業はさあ。
そういえばスタッフの中に地蔵さんという女の方がいて、珍しい名前話で少し盛り上がりました(笑)
終演後には打ち上げという名目のバンド同士の交流会もあって、タダ飯+タダ酒が振舞われすっかりご満悦。

ライブ自体はカメラを全く意識しないでやっちゃったけど、あれで良いはず!
「ライブ」って名の通り、画面の向こうの視聴者は二の次三の次で良いと思うんだ。
今現在、直で向かい合ってるお客さんに第一に伝えるべきでしょ、やっぱ。
アウェーな雰囲気かと思いきや結構盛り上がったしね。いい汗かいたよ!
ツアー中の勢いみたいなものが出せた。

残りは埼玉、横浜、そしてファイナル渋谷!
みんな一緒に盛り上がりに来てね〜!

2005.03.25

決戦は金曜日

なのか・・・やはり。
25日で月末で週末の街はやっぱり忙しい。
道が混むのが何よりイヤなのよん。

そんなわけで今日も朝からリハ〜。ワンマンもうすぐだ〜。
それにしても最近リハかライブしかしてないな、俺。
そしてこのブログもそのネタばっかりだね。すまぬ。
日々思う事はたくさんあるんだけど、書き出すと止まらないからさ。
今度時間がある時にスパークさせるよっ!

そうそう、こないだ購入した新機材とはエフェクターを入れるケースとパワーサプライという電源です。
だから実はあんまり、というか全くサウンドに影響はない(笑)
ただ単に片付けや持ち運びが楽になっただけという(笑)
でも何か新しい買い物をするとウキウキするね。
新しい服を買って、最初に一番好きな人に見せたい気分。
たいして高くもないモノでこんなに高揚感を得られるなんて、俺は何ておトクな人間なんだ(笑)

でももうすぐン十万の高い買い物をする予定なんだよね。
高いものを買うってのはとても良い事だよ。
物欲を満たすことも勿論あるけど、自分に対する投資というか退路を断つというか・・・。
カタログ見たりネットで調べたり、悩んで悩んで思い切って買う!
買ったからには大事に大事にフル活用したい。
ブランド物でも家でも車でも。
さすがにン十万だからさあ、次はプロポーズをするぐらいのテンションだな(笑)

2005.03.24

Hard days night

一日慌しかった〜。
13時から青山でリリースの打ち合わせ。
そのまま俺以外のメンバーは新横浜へ電車移動してBELL'S入り。
俺はいったん帰宅して車と機材を持って入り。
15時入りを遅刻して到着。
すぐにセッティングしてサウンドチェック→リハ。
ファミレスでファンクラブの打ち合わせ。
本番。
片付け。
打ち上げ。
スタッフのハムちゃんを送って3時に帰宅。

テンパった〜。とにかくテンパった一日だった。

でも、どんなに忙しくてもライブはどっしり地に足ついた感じでやらなきゃだね。
それだけは心がけて演奏しました。

今は泥のように眠りたい・・・。

2005.03.23

名前をつけてやる

世の中には珍しい・変わった名前の人がたっくさんいるよね。
フロウズンのライブアンケート見てても思うし、町を歩いたり、新聞を読んだり、テレビを見てても思う。
高畠俊もその一つだよ。
で、正直俺は珍しい・変わった名前をたくさん知っている方だと思う。
順序は決められないけど、今まで超A級の衝撃を受けた名前、読み方、第一印象を以下に記します。

鈴木 太亜帆<スズキターボ>→足速そう!名字が本田ならなお良し!
源五郎丸 花子<ゲンゴロウマルハナコ>→きっとモノ凄い上流階級か何かの家元に違いない・・・。
千葉 まりん<チバマリン>→小学校の同級生の妹です。千葉ロッテマリーンズは当時まだ川崎ロッテオリオンズという名前でしたが・・・。
狼 由布子<オオカミユウコ>→高校の同級生です。名字と違い可愛くて気さくな子でした。
一言さん<ヒトコトさん>→地元綱島にある「Listen一言」というレコード屋さんのオーナーです。最初本名だと思いませんでした。お世話になってます。
藤井 麦彦<フジイムギヒコ>→前のバンドでビクターにいた時の宣伝担当の方です。海彦、山彦、麦彦の三人兄弟だそうです。
我慢 美由紀<ガマンミユキ>→サインに「忍」って書いて欲しいね。
道具 一<ドウグハジメ>→リーダーシップなさそう・・・。
山下 東大<ヤマシタトウダイ>→一直線!
織田 真理<オダマリ>→「ハイスクール奇面組」の世界ですね。
日本 太郎<ニッポンタロウ>→パスポートの見本かよっ!
大根 サラダ<オオネサラダ>→父さん、母さん、その名前はいくら何でも・・・。グレてもパリパリだぜっ!

どうよ?どうなのよ?
だからどうしたと言われればそれまでだけど・・・。
でも人と違うって良いことだよね。ん?フォローになってねえな(笑)
↑より珍しい名前知ってる人いたら教えてね。

2005.03.22

Walk between the raindrops

雨の日のライブはイヤだねえ。
今日はバーライブだったから電車で行って飲むつもりだったんだけど、雨だったので急遽車で入り。
が、THUMBS UPの駐車場の高さ制限にひっかかり、コインパーキングへ。
横浜とか繁華街周辺ははどこも高いから、かなり遠くまで停めに行きました。
傘必要ないと思って持ってこなかったからずぶ濡れだよ。

そして気づくと何故かフロウズンの時より機材が多い・・・。
昨日の日記で書いたように新機材も購入したので、これからますます車移動率が高くなるなぁ。
晴れバンドに戻りたい・・・。

それにしてもTHUMBS UP、飯が美味かった!普通に客として行きたいと思ったよ。
新曲も朝からずっと練習した甲斐があり、無事出来ました。
セッションも案の定あって(笑)、ビートルズを一曲。

柿島さんのワンマンまであとリハ2回しかないけど、何となくカタチは見えてきたかな。
何と言っても今日無理くり1時間ライブやったのがデカイ(笑)
フロウズンもサポートも、どっちも自分が一番自分らしくいられる場所だからね。


2005.03.21

Music on my mind

明日は横浜のTHUMBS UPで柿島伸次さんのライブです。
フロウズンとの切り替えが大変だ。
しかも一時間ステージ!曲覚えなきゃなあ・・・。
対バンするタメさんこと中島文明さんとも以前サポートの仕事をさせてもらったことがあるので、会うのが非常に楽しみです。
この二人の2マンだと、セッションとか当日いきなりやったりしそうな雰囲気だな。
THUMBS UPって俺は初めて行くんだけど、結構有名なライブバー!?でご飯も美味しいらしいよ。
出番は20時からなんでお暇な方は夕食がてら是非来てみてね。

そうそう明日新しい機材を購入するんだ。
ずっと前から後輩経由で注文してあったモノを横浜の楽器屋さんに取りに行く。
うまくいけば24日のBELL'Sのライブから試せそうだよ。
でもあくまでベースの機材だからパッと聞きは分からないけどね。
こういうことは自己満足が大事です(笑)

2005.03.20

A place in the sun

久々のダブルヘッダーライブ無事終わりました。
横浜から秋葉原まで首都高であっという間だったな。
どちらの会場もお客さんたくさんいて楽しかった。
場所の性質があれだけ違うのに、音を鳴らした瞬間同じ世界観を作ってしまうマジック。
音楽って、ライブって凄いよね、と他人事のように思ってしまった。

2005.03.19

薬指の決心

今日はフロウズン初代ドラマー佐藤章人の結婚式でした。
富田と小沢と俺の三人で出席。
やっぱ結婚てのはいろいろ感慨深いものがあるね。

章人とは高校三年間同じクラス、同じバンド&リズム隊。
語り出すと書ききれないぐらいのたくさんの思い出がある。
音楽も恋愛も、今の自分の礎となった時代を共に過ごした親友だから。

今日は新郎の要望で三人で「あいのうた」を歌った。
この曲は実は恋愛をテーマにした曲ではない。
「愛のうた」ではなく「あいのうた」にしたのはその為だ。
老若男女に通じるものにしたかった。
でもどちらかと言えば家族愛、さらに言うなら人類愛について歌っているから、結婚式という厳粛な場にこそふさわしい気がした。
安っぽいラブソングなんかよりずっと深いし重みがある。
ただ二人の幸せだけを祝うためじゃなく、新郎新婦の家族、友人、上司・・・会場にいる人全ての未来をたたえる歌。

ホントは朝までバカ騒ぎしたかったんだけどね。
とにもかくにもおめでとう!
章人&智恵さん、末永くお幸せに!

2005.03.18

ラーメン大好き小池さんの唄

今日は渋谷で秘密作戦+会議。
帰りにかっつんとスタッフのハムちゃんとラーメン屋に入った。
なにやら店主は脱サラしてラーメン屋を開いたらしい。
というか店の壁にそんな旨の貼り紙がしてあった。
疲れた千葉真一みたいな味わいのあるおっちゃんだった(笑)
客も結構いて味もまあまあだった。スタイル的には醤油とんこつの家系。家号は付いてなかったけど。
一応ラーメンに関してはうるさいんだよ、俺。

でもラーメン屋とバンドって少し似てるかも。

世の中に腐るほどあるし、その中で突出した存在にならなければならない。
人によって「良い」「美味しい」って思う基準て違うし、最初に聴いてもらう、食べてもらうワンチャンスが結構重要だ。
成功するまでにかなりの時間と努力が必要だし、成功してもさらに上を目指さねばならない。

千葉真一似のおっちゃんも俺も果てしない道を歩いてるよねー。
でも最後は悩んだ者勝ちだ!そう信じたい。
確固たる自分を持ちたいね。

2005.03.17

Beautiful name

最近あったかいね。すっかり春だね。
今朝スタジオに行く途中に見た梅の花が満開でキレイだった。
これでくしゃみさえ出なければ心も体もウキウキなんだが・・・。
やっぱ花粉症なのかな?

20日は野外ライブだし、もうすぐ路上ライブも始まるから心配だなあ。

俺の「俊」て名前は3月3日生まれだから「春」の音読みをもじって付けたらしい。
女の子だったら桃子の予定だった。危なかった(笑)
「俊」て名前は今でこそ珍しくないけど、自分の世代ではめったにいないから、中高生の頃はちょっと嬉しかったな。
ちなみに我が高畠一族は名字が舌噛みそうだからか、男は寧(ヤスシ)、淳(ジュン)、伸(シン)、仁(ヒトシ)、誠(マコト)、傑(スグル)・・・等、一文字一言がほとんど。
うちは男三人兄弟で俊、玲(リョウ)、律(リツ)。
漢字で書くと三人とも9画。
そんな我が家の母親は元国語教師です。
関係あるのかな?(笑)

2005.03.16

I'm so tired

結局今朝は七時に帰宅。
帰り運転しながらマジ寝そうだった。

それはそうと最近目の疲れが異常に激しい。
空気が乾燥してるせいもあるけど、外出しても目の疲れが原因ですぐ眠たくなる。
こないだブルーベリーの錠剤を買って飲んでみてるんだけど、効果あるかな?
誰か良い策を知っていたら教えて下さい。

明日はまたしても怒涛の11am→23pmリハ。
もう寝ます・・・。
と言いたいんだけど、今から3曲新曲を覚えて練習なのです。
頑張れ俺!

2005.03.15

The night we had

まだレコーディングスタジオにいます。
只今3:00am。
録音は終わったんだけど、トラックダウンという最終的なバランスを取る作業中。
楽器の録り作業で結構細部にこだわり過ぎて予定時間をかなりオーバーしてます。
エンジニアの石田さん、いつもいつもごめんなさい〜。

ライブってのはその場の雰囲気や火事場のなんちゃらで、ある種のマジックが働いて素晴らしいモノになる場合があるけど、レコーディングは演奏する人間の力量がそのまんま出る。
だから実力以下になることはあっても、以上になることはまずない。後処理で無理やりごまかすことは出来るけどね。
だから一度のレコーディングはライブ何十本にも値する貴重な経験なのです。
特に俺らみたいなアマチュアバンドはレコーディングもそう頻繁に出来ないしね。
もっと練習しなきゃなあ…。
きっとバンドやってる以上、死ぬまで練習だよね。

2005.03.14

Once bitten,twice shy

無事帰宅出来ました。
それにしても雪凄かったよ。
ホント、一年前の悪夢がよみがえったね。
かっつんはあの恐怖を味わってないから「スリル満点〜」って楽しんで運転してたけど・・・。
その後も工事渋滞やら何やらで、結局福岡から20時間近くかかってしまった。

明日のレコーディング場所は新大久保にあるフリーダムスタジオ。
ちょうど三年前に「生きる。」のデモテープを録ったんだよね。
ライブ会場でカセットを無料配布してたんだけど、「顔」に入ってるバージョンとも全く違うから、今となってはかなりレアな代モノです。
あの時スタジオに遊びに来てたハムちゃんが、今うちのスタッフをやってるってのも何だか不思議な縁だね。

さて練習しよっかな。

2005.03.13

星屑のステージ

無事福岡ライブを終え、今から東京に戻ります〜。
今回の九州ツアーは慌ただしかったなあ。
山ちゃんで飲みたかった…。レバ刺し食いたかった…。でもモツ鍋は美味かった!
各地で出会ったみんな、対バンしたミュージシャン達、どうもありがとう!

さて、なぜこんなに慌ただしいかと言うと、明後日レコーディングがあるからなのです。
録音するのは「1DK」。
かっつんが加入して初めてのレコーディング。初めての音源。
この音源は5月頃に新横浜BELL'Sの8周年記念のオムニバスアルバムに収録されるんでお楽しみに!
それにしてもツアーの合間を縫ってレコーディングだなんて、ミュージシャン冥利に尽きるね。
というわけで、全員マスクをして怪しさ200%の四人、まもなく関門海峡を越えます。
サンキュー!

2005.03.12

長崎は今日も雨だった

いや降ってないけどね(笑)
でもめちゃくちゃ寒かった。
今高速で福岡に移動中なんだけど、微妙に雪が舞ってます。
明日大丈夫かなあ…。
でもこうして携帯でいつでもどこでも日記が投稿出来ちゃうなんて凄いよね。
メールもそうだけど、こんな風に時間や距離を超えて、思いや願い、気持ちを伝えたり出来るってことはちょっと前には考えられなかったことだからさ。
もちろんそうした文明の発達は同時にいろんな弊害を生んでると思うけど、この日記にコメントを付けてくれたり、BBSに書き込みをしてくれているのを見るとホントに嬉しい。
メンバー全員の日課だしパワーの源です。謝々!
明日もガッツリ首振るぜいっ(笑)

2005.03.11

リバーサイドホテル

博多に無事着きました〜!
フロウズンは九州ツアーの時は毎回、博多は呉服町にある一行寺というお寺に泊めてもらってます。
ここの副住職の裏辻氏が前ドラマーアルちゃんの大学の同級生なのです。
このお寺を拠点に九州各地を飛び回る。裏さんがいなかったらこんなに九州には来れてないだろうなぁってぐらいの大恩人なのです。
ホントにホントにお世話になってます。あ、別にお寺だからって、早朝から雑巾がけとかしないからね(笑)

が、しかし!
そのフロウズン事務局九州支部(うちらが勝手に居座ってるだけです。ごめんなさい。)一行寺が明日に法要を控えているため、今夜は泊まれないのです
今回のツアーはこのパターンが多いみたい(涙)
よって今日はビジネスホテル!しかも個室!しかも川沿い(笑)
凄いぜフロウズン〜!
今から俺のいる303号室でメンバーみんなでミーティング。
ツアーってのはメンバー一緒にいる時間が長いけど、今のフロウズンはバンドとしてやるべきこと、考えるべきことが次から次へと出てくるから飽きるなんてことは全くない。
ツアーがバンドを成長させるってのは、どんなバンドにでも当てはまる訳じゃなくて、こうした濃い時間が過ごせるバンドだけだと思うね。
明日の長崎も頑張るでー!

2005.03.10

Show must go on

多賀は配管工事のため泊まれませんでした(涙)
よりによってピンポイントでこの日にやらなくても…って感じ。
仕方なく一気に大阪まで行って朝方サウナで仮眠。
波乱のスタートだったなあ。
昨日の日記で多賀を褒めるんじゃなかった(笑)
BIGCATはでかかったけど、大阪は普段からライブハウスと言うよりホールみたいなトコでやることが多いから、あんまり違和感なかったね。音はサスガでした!
ライブはいろいろあったけど、俺個人としてはポジティブに受け止めたい。
転ぶなら前へ勢いをつけて…。
そういう心境です。

2005.03.09

ニシヘヒガシヘ

あ〜、運転疲れた。いよいよツアー開始ですよー。
只今浜名湖サービスエリアを出たところ。渋谷からぶっ飛ばして来ました。
うちらは大阪ライブの時は必ず前日に出発して、多賀サービスエリアと言うトコに泊まります。
ここには仮眠所と銭湯があって、何と700円で泊まれてしまうのです。(一度大阪で対バンする某仲良しバンドと遭遇したこともあり)
仮眠所と言ってもマットレスが並んでて、簡単な仕切りがあるだけ。回りはトラック運ちゃんだらけ。イビキとむせかえる男臭がロックです(笑)
でも長年の経験で耳栓、アイマスク等、快眠対策はバッチリ!
やっぱ睡眠確保、体調管理はツアーではかなり重要なんでね。
昼間にはビタミン剤の配給もやります(笑)
つーわけで始まった今回のツアー。
明日大阪で会いましょう!

2005.03.08

空模様のかげんが悪くなる前に

明日からいよいよツアー開始です。
なんだか久しぶりな気がするな。
男4人でちっこい軽自動車に乗って、ホントむさ苦しいんだよね(笑)
でも昔は月に一度ぐらいのペースでしかライブやってなかったから、こうして年に何回も日本中を旅してライブが出来る日が来るなんて思いもしなかった。
フロウズンは全ての活動を「自主運営」していくことを結成当初から掲げてきたバンドだから、ツアー日程を組んだり、それに合わせた資金確保、リリース計画やなんかもかなり前から綿密に練らなければならない。
だからフロウズンはバンドであり事務所でありレコード会社でありイベンターであり、各メンバーはミュージシャンでありコンポーザーでありプロデューサーでありマネージャーでありディレクターでなければならない。
今でこそ、日本各地にフロウズンが来るのを待っててくれるファンがいてくれるが、それも全ては「未来の自分達への投資」だと思ってこれまで精力的に活動してきたからだ。
そしてその活動を応援してくれる人、評価してくれる人がいるから、俺達は明日からまたツアーに出れる。
新しく出会う人にも、俺達を待っててくれてる人にも過去最高のステージを見せたい!
そうやって広がってゆく世界、輪、生き方を俺は「かけ算人生」と呼んでいる。

座右の銘だ。

2005.03.07

Purple Haze

今日もガッツリ朝からスタジオリハしてきました。
フロウズンじゃなくサポートの方です。
4/3がワンマンだから持ち曲増やしていかないとね。(その前にツーマンあるんだけどさ・・・)

最近、ずっと修理に出してた歪み系のコンパクトエフェクターが戻って来たんで、6時間ブイブイ言わせて来ました。
このエフェクターは、大学時代に良く使ってた大塚のオレンジスタジオってとこで中古で\5000で売ってたんで購入した、ちょっとした年代モノ。
何年か前に復刻版が出ちゃったから価値下がっちゃったけどね。
本当はギター用なんだけどあんまり音痩せしないし、緑のレトロなデザインが可愛くて気に入ってます。
初期フロウズンのライブでは常にONにしてギャンギャンやってたんで、P.A.さんに嫌がられてました(笑)

でもさ、歪みって偉大だよね。
「どーん!」って一音(4弦開放のEですね。4弦ベースの一番低い音)弾いただけで、何かワクワクしてくる。
もの凄く下品で野蛮でオゲレツで原始的なんだけど、それこそがつまり初期衝動ってヤツなんだろう。
ある意味バイクや車と同じだね。
興味のない人にはただの騒音。

夕方からのバイト中寝そうになったけど充実の一日でした。
明日はフロウズンリハだー。

2005.03.06

思い出がいっぱい

部屋の掃除をかなり久しぶりにしてみた。
とにかくCDやMDやVHSの量がハンパじゃない。
もらったサンプルも含めると部屋がもう一つ必要なくらいだ。
人間、モノを簡単に捨てられる人間とそうでない人間がいると思うが、俺は断然後者。
楽器でもCDでも服でも、売ったりさえ出来ない。
あと貰った物(超くだらない物も含む)、手紙とか、ね。
貧乏性なのかなぁ。でも自分があげたものを誰かに捨てられてたらイヤじゃん。
もったいないと言うより、「いつかこれも使える日が来るんじゃないか?」と思えてしまうのです。
でも、そんな性格を結構好きだったりもする。
モノには持ち主の想いが宿るのです。
あとは片付けてくれる人さえいれば完璧(笑)

2005.03.05

The lonliness of the long distance runner

結局昨日からの症状は改善されず・・・。
今日も一日鼻詰まりっぱなしでした。
風邪なのか何なのか分からぬまま、スタジオで新曲の総仕上げ。
この曲は9日から始まるツアーでは毎回必ずやることになると思う。
前々から言ってるように、フロウズンにしては珍しく踊れる感じです。
「神話」を明るくした感じって言えば伝わるかなあ?
で、さらに4月8日のツアーファイナルではもう一曲ぐらい新曲増やす目論見でいます。
やること満載だす。

あ!今思い出したんだけど、何年か前の花粉症の時期に「powder」ってタイトルで花粉の曲書いたことあったなあ。
ちょっとエロい意味深な歌詞で、サイケなリフものでした。
あれどこいったっけな?

2005.03.04

Social disease

なぜだか今日起きてからずっと花粉症の症状です。
鼻が詰まってて息が苦しいので、頭も回らない感じ。非常につらい。
しかも昨日まで何ともなくて、今朝起きたら突然。最初雪のせいかと思った。
高校生の頃調べた時は、スギ花粉アレルギーはなかったんだけど、ヨモギやブタクサとか5種類くらいに反応してた。
だもんで毎年6月ぐらいが一番しんどいんだよね。
世の中がピークを過ぎた頃に一人でクシャミ連発してるという。

明日の朝起きたら元通りになってることを祈るのみ・・・。

2005.03.03

Born to be wild

掲示板やメールで誕生日へのお祝いメッセージをくれた皆さん、どうもありがとう!
自分的にはここ数年、誕生日ってのは両親に感謝する日だなあと思ってます。
「丈夫に生んでくれて、ここまで育ててくれてありがとう」と。
よく俺自身、お祝いの言葉で「生まれてきてくれてありがとう」ってメッセージをもらうんでね。

そういえば、うちの両親はまだフロウズンのライブ見たことがないんだよね。
過去何回かのワンマンライブも「いつかもっとデカイ会場でやるまでは・・・」と思って誘わなかった。
9/22の渋谷O-Westのワンマンには招待しようかなぁ。2階席もあるし。
この日はさすがに人生の桧舞台と言うにふさわしいだろうからね。
当分嫁や孫の顔は見せられそうにないんで(笑)、せめて晴れの姿だけは・・・ね。

今日お祝いのメッセージをくれた皆さん、9/22にうちの両親を見かけたら「俊を生んでくれてありがとう」と言ってやって下さい(笑)

2005.03.02

365

どんなに忙しい中にも平凡な日ってのはあるもんだ。
今日はそんな日だった。
バイトを適当にこなしつつ、怒られない程度にサボりつつ・・・。
でも時間って奴は容赦なく経過していくんだよね。
どんな一日でも「流す」のは駄目だ。「重ね」ないとさ。でもそれは全て己次第!
かと言って今日何もしなかったわけじゃなんだけど。
バンドのこと、音楽のことで常に頭はフル回転してます。
でも楽器に直に触れて、ちょっとでも良いから新しい事をしてないと不安になるんだよね。
「今日と言うこの日はこのまま終ってしまって良いのか!?」みたいな。
俺休みって嫌いだし。
きっとそれだけ好きなことやって生きていけてるってことなんだと思う。
この日記も始めて二週間ちょい経つけど、毎日120人以上の人が読んでくれてるし・・・。嬉しいなあ〜。
明日からも日々を重ねていきますよ!ふんがっふっふ!!

2005.03.01

夢を見る人

9/22(木)に渋谷O-Westでワンマンライブをやる。
500人ソールドアウトが目標だ。
現時点では到底不可能です。2年前にやったワンマンの動員が170人ぐらいなんだ。
正直O-West側にもあまり良い顔をされてない(笑)
でもあと半年ちょいで成し遂げてみせます。
今、何か夢を持っている人、大きな賭けに出ようとしている人、進むべき道が分からない人。
フロウズンのワンマン成功に願かけてみてよ。

« February 2005 | Main | April 2005 »