« March 2005 | Main | May 2005 »

2005.04.30

Street life

吉祥寺の初(?)路上ライブ無事終わりました〜。
集まってくれたみんな、通りがかって興味を持ってくれた方もホントありがとう!
2月からいろんなところで修行を繰り返して来て、初めて告知してやった路上ライブ。
初期フロウズン以来だから5年ぶりかな?
天気も警察も心配だったけど、とにかくあれだけの人が応援に駆け付けてくれたことに素直に感動しました。

正直今のフロウズンの力(あくまで路上ライブにおける力ね)じゃ、まだまだ通りすがりの人達を立ち止まらせることは難しいことだと思うわけ。
でも今日みたいにみんなが一列、二列といてくれることで、うちらの音楽が一回り、二回りパワーアップして伝わり、届き、初めて観たって人をも立ち止まらせることが出来たんだと思うんよ。
くさい言い方だけど、お客さんもフロウズンの一部というか・・・(照)
何度も言うけど、ホントにみんなありがとう!!
あれだけ人がいれば警察も止め辛いだろうしね(笑)

もちろんみんなの力に頼りきったまんまじゃ、絶対500枚もチケット売り切ることは無理だから、今日よりも明日、明日よりも明後日、という風にフロウズンも精進していきます!
今日もライブ後に早速ミーティングして来週の路上ライブに向けて作戦をたてたよ。

次回の路上は5月7日(土)にまた吉祥寺駅北口でやるんで、今回来れなかった人も是非遊びに来てね。

もちろん通常のライブハウスのライブもバンバンやっていきます。
特に5月4日(水)はオムニバスアルバムのレコ発なんで、絶対ゲットしに来てなー。
「1DK」めちゃめちゃ良いから!

2005.04.29

I'm only sleeping

起きたら夕方4時でした・・・。
4時から「ドリームマッチ」の打ち合わせだったのに、メンバーからの電話で起きた・・・(涙)
珍しくやっちまいました。
速攻でシャワー浴びて5時に川崎に到着。
まだアルコールがかなり残ってて、自分で車運転してて酔いそうだった〜。
メンバーの皆さんホントすんませんでした。

明日はついに吉祥寺で路上ライブ開始!
気を引き締めていきます!

2005.04.28

New sensation

「うたアコの宴」楽しかった〜。
セッションもナイスな選曲だったし。
それにしてもアコースティックは奥が深いね。
以前はバンドの曲をそのままアンプラグドに置き換えてるだけって感じだったけど、最近は独自の解釈でアレンジを追求出来る。
いつか一枚まるまるアコースティックバージョンのアルバムとか作りたいねぇ。

2005.04.27

乙女パスタに感動

帰るのが遅くて飯を作るのがメンドクサかったので、インスタントの味噌汁一杯で夕食を済ませてしまった。
自炊生活が軌道に乗らないと、自ずとダイエットが出来るという(笑)
外食は音楽活動してると嫌でも多くなるから、一人だとあんまり行かないんだよね。
コンビニ弁当の類も年に一、二度食うか食わないかって感じ。
バンドやってるととにかく食生活が不規則です。
でも栄養管理やカロリーセーブは結構必要なんだよねー。
朝食兼昼食はほぼ100%パスタ。小沢先生直伝のペペロンチーノ。
片付けが楽なものしか作らない主義なんで(笑)
ご飯はまとめて5合ぐらい炊いて冷凍保存。
んでちょこちょこ解凍して食べる。
明日はベルズで打ち上がるだろうから晩飯なしだな。
近日中に野菜ジュースを大量にストックしなければ。
音楽以外のネタだとこんなことしか書けない俺って・・・(涙)

2005.04.26

69階

実は今日ライブでした〜。
今年の頭からちょこちょこリハーサルを繰り返してたN.U.のシークレットライブ!
当初は完全に非公開でひっそりやる予定だったんだけど、昨日web上で急遽公表したみたい。
それでもたくさんお客さんいたなあ。素晴らしい!
そんなわけでフロウズンのソロワークのページにも載せてませんでした。
ユニット名はメンバー全員の頭文字を取ってK.A.T.U.N.、カトゥーン。ジャニーズシニア(笑)
N.U.は普段はアコギ弾き語りの二人組で、バンドスタイルでライブをやるのは何と今回が人生初めて!
まだまだ試行錯誤中だけど、本人達も俺も楽しく出来たんでまずは良しって感じかな。
俺個人としては、自分の立ち位置の前にマイクスタンドがないのが何とも違和感があり不安一杯。
コーラスなくてもスタンド立ててもらおっかなあとさえ思った(笑)
あとはアンサンブルやサウンド面でまだまだ勉強していかないと・・・。
実は自分のフロウズンにおけるプレイスタイルは、ピアノがいるバンドだとかなり上手く考えたアレンジをしないとならないんだよね。
歌のメロディの隙間を縫っていくようなプレイは鍵盤の右手、ボトムを支えるプレイは鍵盤の左手にちょうどかぶってしまう。
柿島さんのサポートをやった時もそうだったんだけど、こればかりは経験を積んでいくしかない。
でもそうやって経験を積めば、鍵盤的なフレーズや響きを取り入れたプレイを、今度はフロウズンに生かしていけるからね。
ホント何をやっても勉強になります。
何より今は音楽活動そのものが楽しい!これ一番大事!
そういった意味でも初心に帰れた日だったかな。ありがとうN.U.!今後ともよろしく!
明後日の企画も普段と違うベース使ったり、アレンジ変えたり、あれこれやるんでみんな絶対見に来てな〜。

2005.04.25

伝えたいことがあるんだ

今日はフロウズンのアコースティックリハでした。
アコのリハは普段爆音でやってて気づかない部分や、歌やコーラスのちょっとしたニュアンスが確認出来てとても勉強になる。
歌詞もよく聞き取れるから、フレーズの解釈も拡がるしね。
新曲はバンドアレンジより先にアコースティックアレンジを仕上げた、今までとは全く逆の試み。
28日にもやろうと思ってるよ。
刺激が必要だ、毎日を新鮮な気持ちで迎えたいって言う歌。
でもその新鮮な気持ちは自分自身で作っていかなければならないんだよね。
特に年とってくるとさ(笑)
この先いろんなことが起きそうだけど、何も起こらないよりはマシだ。
だって平坦じゃない道を選んだのは俺自身だからね。

2005.04.24

Circle in the sand

今日はファンクラブ「フロ釜」の集い「JAMる。」でした。
日曜日の昼間っから地下室で怪しい会合(笑)
9/22のワンマンのチケットも発売になっていよいよ!って感じ。

夜は富田と高田馬場に友達のライブへとGO。
「ソースカツ丼」の専門店なるものを発見し食す。
チェーン店っぽいが初めて見たなあ。
ソースカツ丼は福井名物なの?知らなかった。

ライブハウスでは顔見知りに何人も遭遇し、不思議なつながりを再確認。
あーでもない、こーでもないと自分たちが動き回った結果が、色んなところで目に見えて出て来てる気がする。
それと同時に、付き合いのあるバンドも、同じように行動を起こしてるバンドに自然と淘汰されていってるかも。

2005.04.23

I think i can

結局何も解決しない。
自分に落ち度がない以上、何をしても無駄なんだけどさ・・・。
ただ、ある種開き直るためのパワーはあることが確認出来た。
謝々!
今日は早めに寝て明日に備えるとしよう。

2005.04.22

Dive to blue

非日常に身を置くことで自分自身を取り戻せた一日。
もちろん全てを無にすることは出来ないけどね。
まだまだ登るべき山がたくさんあるからなあ。
冒険心は全然衰えてない。
課題はスタミナかな?

2005.04.21

アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック

悪いこと、負の連鎖がここまで続くとかえって縁起が良い気がする。
憑き物が落ちてると良いなあ。
ある意味贅沢な一日でした。
それにしても世の中ウンコばっかだね。
いや、それじゃウンコに失礼か・・・。
ウンコの足元にも及ばない奴らがたくさんいる。
今度ばかりはさすがに賢くなった。
ドラクエに例えるとレベルいくつくらいかなあ?

2005.04.20

すばらしい日々

心がアップダウンを繰り返してる。
薬も量を間違えれば毒だ。
どうしたいのか自分でもよく分かってないんだ。
でもこのまんまだと、いつもみたく全てを丸く収めてしまうような気がしてる。
昨日、今日とサポートのリハだった。
そんな自分の心を映し出すように、演奏するベースの音が変化していくのが分かる。
さまよえる感情を、心の機微をもっと上手にプレイに出せたらな、と思った。
歌詞を耳で追いながら、ときに口ずさみながら。
音楽と同じように、何かを足したり引いたりして解決するもんじゃないんだろうな。
昨晩一緒に飲んだ友達も同じようなカテゴライズの、でもまるで違う問題を抱えていたっけなあ。
ちょっとだけ問いかけてみたくなった。
本当に妄想が暴走してるだけ?
答えはいずれ出るよ。
でもそんな今が俺は嫌いじゃないぜ。
「すばらしい日々だ 力あふれ 全てを捨てて僕は生きてく」

2005.04.19

Home sweet home

至極曖昧に、けれど明瞭に確実に、ソレは俺を侵していくのが解かる。
とてもとても心地良い。
懐かしくて、少し痒い。
知らない方が良かったことが後になってたくさん出て来そうだけど、今は知りたいことの方が多い。
例えそれで傷つくとしても、それは今まで生きてきて識ったモノで誤魔化せそうだ。
「大人だから」
こういう時だけ敢えて利用させて頂く。
いや。
この物語の顛末にも利用させてもらうかも。

2005.04.18

スロースターター

やばいやばいやばい。
何でこんなことになったんだろ?
いったい全体どうしたと言うんだ?
もう一度確かめれば納得いくかも知れない。
でも逆に取り返しのつかないことになるかも知れない。
いや!むしろそれを望んでいる自分がいる。
気が狂わない限りバランスを取りながら進んで行こう。うん。そうしよう。
このタイミングは遅かったのか早かったのか。
でも結果は意外とあっけないもんなんだろうなあ。
スロースターター、今発車。
待ってろよ!

2005.04.17

Here

遠すぎて見えなかったものが見えるようになることは立派な成長だ。
でも、近すぎて気付かなかったものに気付くことも人間として一つの成長だと思う。
そんな風に思えた一日でした。
ありがとう。

2005.04.16

Black clouds

やっぱり寒かったね。円形広場(笑)
ここまで来るとフロウズンのせいじゃなくて、そもそもBELL'S自体が原因?って気がしないでもない(笑)
でも今日はCDがたくさん売れて嬉しかったなぁ。
バンドで持って来た分あとちょいで完売だったしね。
買ってくれた方は是非是非家でも愛聴して、次のライブでは一緒に歌えるようになってね。
この勢いで4/28の初横浜+アコ企画も頑張るよ〜!

2005.04.15

Silk degrees

今日はアコースティックリハをしてみました。
いつものFenderジャズベースじゃなく、俺が持ってるベースの中で一番高いFoderaというブランドのものを使ってみたんだけど、これがかなりしっくり来た。
28日のアコライブは多分これで行くかな。
何気にフロウズンではライブ、レコーディングともに初使用です。
オールハンドメイドの木目調のベースで、どちらかというとジャズ・フュージョンよりの楽器なので、かなり上品な音がします。
今朝急に思い立って久々に弾いたんだけど、さすがにバランス良くって、どのポジションで弾いてもサステインが素晴らしい!
学生時代にはあんまり気付かなかったなぁ。未熟でした(笑)

ベースに感化されてアコースティックアレンジの幅も拡がりそうです。
バラードに合いそうな予感!

2005.04.14

おなじ星

バンドをやってると不思議な出会いがたくさんある。
ライブハウスで。
ストリートで。
酒の席で。
偶然か必然か。
運命か宿命か。
幸いなことに今まで「出会わなきゃ良かった」と思ったことは一度もない。
いくつもの糸が絡まってはほどけ、そしてやがて繋がる。
結果論になってしまうけど、やっぱり出会うべくして出会ったんだと思うな。

2005.04.13

Painkiller

ふくらはぎがパンパンに腫れてる。
今にもつりそう。
ラバーソールのせいか?
はたまた飲み過ぎか?
噂によるとふくらはぎが腫れるのはカルシウム不足が原因らしい。
ホントかよ!?

2005.04.12

ブルーライトヨコハマ

寒いっつーの!
最高気温11℃って、そりゃ桜も散るわな。
雨が雪になるかと思いました。

四人羽織ツアーが終わって一段落。
もうすぐフロウズン史上初のアコースティック企画「うたアコの宴 其の壱」です。
主催企画自体は通算10回目なんだけどね。アコでは初めて。
通常のバンドものの企画じゃないから椅子も並ぶし共演者も異色かも!?

そしてやはり、今回の一番の目玉は横浜で企画を打つということ!
何を隠そう、フロウズンが初めてバンド形態でアコースティックライブをやったのは新横浜BELL'Sなんだよね。
そのライブが予想以上に評判が良くて、その後都内はもちろん名古屋や大阪、福岡なんかでもアコースティックスタイルでやれるようになったのです。

今年になってからは月一以上のペースで横浜ライブをやってるけど、こないだの渋谷なんかに比べると、フロウズンにとって横浜はまだまだアウェイな感じなんですよ。
俺自身が横浜生まれ横浜育ちだから、バンドとしてはまだまだ!って余計思うのかも知れない。

だからこの日は横浜のみんなの力を是非とも貸して欲しい!
もちろん横浜以外の人も応援しに来て欲しいしね。
せっかく新横浜BELL'Sのフライヤーも表紙だし!

そのためにもまず、今週末のランドマークドックヤードガーデン円形広場のライブをガツッとやらねば・・・。
そしてさらにその前に・・・晴れてくれ・・・。

というわけで16日は「選挙前の最後のお願い」みたいなライブします(笑)

2005.04.11

Evil never dies

生きたくても生きれない人。

逝きたくても生きれる人。

事情はそれぞれだ。

俺に今何が出来るか。

出来ることが限られているのなら、その力は前者の為に使ってあげたい。

俺はそういう人間だ。

そういう育ち方をしてきた。

そういう風に育ててくれた両親をはじめとする全ての人に感謝したい。

2005.04.10

すべてのバカモノへ

なるほど!
こうやって世界大戦とかって始まっていくんだね。
あ〜、くだらない、くだらない、くだらない。
みんな小学生の時に習ったはずぢゃないでちゅかあ?
「約束を守ろう!」
人間の根底にある理屈、それすなわち「スジ」。
んもう宗教や価値観をも超えちゃってるからさあ。
だから道徳の時間に汚れを知らない男子女子に教えるんだろうが!?

嗚呼、悲しきロックンロールバンドよ。
見つめるその先には何があるのか。
辿り着く岸はあるのか。
乞うご期待であります。

苦し紛れは苦し紛れでしかないからね。
カタギじゃないんだから色々やり方あるでしょ?
早く消えてくれよ。龍宮城のブタども。
いやマジでさ。

2005.04.09

風に吹かれてる場合じゃない

昼過ぎに起きて、出かけようとしたら財布に2円しか入ってなかった(笑)
悲しい土曜日です。
ワンマン、2マン終わって一段落したけど、そうのんびりもしてられない。
昨日のライブの音源を聴きながら、あれこれパソコン作業。
ここのベースはもっとこうした方が良いなとか、コーラスの精度をもっとあげ上げないとなとか、ひとしきり反省。
まあライブは生ものだから、あまり後から客観的に聴いて、それにとらわれ過ぎるのも良くないんだけどね。
でも前進する為に他に手段があるかって言うと、そんなにたくさんはないわけで。
結局は地味なことの繰り返しなんです。
それがいつの日にか、かけがえのないものになるんです。

桜の見ごろも明日までだなぁ。


2005.04.08

終わりなき旅

2マンライブ無事に終ったよ。
そして四人羽織ツアーも無事終了。
いい汗かいた。髪はちょっと切り過ぎたかなあ(笑)

スリークウォーターとの付き合いもかれこれ4年になる。
2001年の3月に西荻窪TURNINGで初対バン。
あの頃のフロウズンはまだ月1ペースでしかライブやってなかった。バンド名の表記もFrozen。
スリクオは月10本ペース、しかも全部都内!と凄まじくアクティブな活動をしてた。
ライブ自体も、これぞロックバンド!って感じで一発でノックアウトされたのを覚えてる。

あの頃のインディーズシーン(というかインディーズって言葉自体があの頃流行り出したんじゃないかな?)で活動してるバンドは今ほとんどなくなっちゃったな。
ブリッヂ、SUZZY、monomania、THE PISS KIDS、ブラワーエンジン、コール天・・・。そして間もなくUnlimited Broadcastも。
当時お客さんだった子達が、今はバンドやライブハウスのスタッフとして仕事をしている。
チケットノルマを払う為にバンドマンはみんなヒィヒィ言ってた。
チラシやアンケートのコピー代もバカにならない。
でも打ち上げには毎回出て必ず朝まで飲む(笑)

そんな風に広がって出来た輪。
最初は自分達もその輪に必死で入ろうとしてたかもなあ。
CD作って、企画やって、ワンマンやって、ツアーやって・・・気づけばフロウズンもそれなりの実力が付き、輪の中心の方にいた。
その輪から離れ、またはその輪を牽引しながら、まだ見えない大きな何かをつかむ為に、今現在もすっとずっと長いツアーをしているみたいだ。

スリクオは自主レーベルを立ち上げ、イベントにワンマン、と真の意味でのインディーズな活動をしている稀有な存在だと思う。
妥協のないその姿勢は、それこそまさに黒い弾丸のようだ。

フロウズンも負けられないなあ。
うちは9月22日渋谷O-Westワンマン、自力で500人ソールドアウトでその姿勢、想いを貫きたい。

今までもこれからも歴史を語れるバンドであるために、ね。


2005.04.07

End of the beginning

明日はいよいよスリークウォーターとの2マン60分ライブ!
あ〜楽しみ。
普段の30分のステージじゃセットリスト考えんのも一苦労だけど、60分あればいろいろ出来るしね。
今日は昼間からそのゲネでした。
新曲も良い感じで仕上がったよ!見所、聞き所満載の曲になりました。

さっきまで富田と電話で話してたんだ。
3月9日から始まった今回のツアーのライブ1本1本を思い出して、明日は臨みたいな、と。
春夏秋冬、365日、12ヶ月、52週・・・日常は続いていくものだけど、こうして「ツアー」という形でその日常を切り取ることによって、濃い毎日を過ごせるのはミュージシャンの特権かもね。
明日は全ての終わりではないけれど、何かの終わりと何かの始まりを会場にいるみんなと共有したい。

19時に東京・渋谷O-Crestで会いましょう!


2005.04.06

空になる

ほんわかした一日だったね。
こういう日は外にずっといたい。
昼間から飲んでいたい(笑)
いろんなノイズから隔離されて、きっと宙に浮いたような気分になれるに違いない。
夜が来て、明日が近づくと、酔いが醒めて現実に引き戻される。
でも今の俺には現実も結構楽しい。
宙に浮いてはみたいけど、地面にしっかりと足をつけて立っているのも割と心地良いもんだ。


2005.04.05

直線サイクリング

そんなにつっかかってこなくても良いと思うんですよ。
まあ、うんざりなのは分かるんだけどね。
こっちも仕事でやってることだし、迷惑は承知なんで、普通に断ってくれれば良いんです。
俺が逆の立場ならそうするし、現にそうしてるもん。

だからさ、想像するにアンタはきっとどこかで同じぐらいムカツクことを無意識にしちゃってるんだと思うよ。
こういうところに出るもんだよね。
器なのかね、やっぱ。

ホントしょぼい物差しでしか人を計れねーんだなあ。
やだやだ。

2005.04.04

Good times,bad times

今日はフロウズンのリハでした。
こないだから新曲作ってて、今日でほぼ完成。
何とか8日の2マンライブには間に合いそうだよ。
今までのフロウズンにはなかった感じの曲です。洋楽っぽいテイストかな?
どんな場合でもそうなんだけど、楽曲ってのは成長するよね。
ライブで一度でもやったら、それはフロウズンだけではなく、みんなと共有のものになる。
一度として同じライブってものはないから、その楽曲は演奏した時間や場所、心理状態とかで色んな意味を持つようになる。
とても素敵なことだ。
もちろんバンドとしては、こういう風に感じ取ってもらいたい!っていう狙いやコンセプトはあるけどね。
受け取り方は人それぞれ自由だからさ。

新システムにした機材も大活躍してます。
新曲でもここぞとばかりに使ってる(笑)
8日は渋谷O-Crestにみんな絶対来てね!

2005.04.03

Power to the people

泣けたっす。
普通に客で見たかった。
楽屋で涙ぐんだ。
いろんなものが込み上げて来たね。

俺は今ここにいる!ってさあ。

来てくれたフロウズンファンのみんなもありがとう!

打ち上げもっと飲みたかったなあ。
いつもは朝までコースだから物足りない。
せっかくマネージャーの送迎付きなのに・・・(笑)

まだまだやれるな、人生。

拳を突き上げよう!

2005.04.02

Under the sun

今日は野外ライブにはちと寒すぎたね。
でも雨降らなくて良かった良かった。
ああいう環境でライブやったり、みんなと話したり、他のバンド見たりってのはかなり新鮮。
もうライブなんて何千回とやってるはずなのにさ。
高校の文化祭っぽいところも少しあるよね。
今日出てた多くのミュージシャンがその辺に原点があると思うんだ。
俺はいつの間にか陽の光が似合わない(笑)ある意味ではいっぱしのミュージシャンになったけど、円形広場のライブはそういう原点回帰的な気持ちになれるんで、毎回楽しみにしてる。
次は16日なんで今度こそスカッと晴れて欲しいな。

で、明日は柿島伸次バンドでワンマンライブです。
2時間半ぐらいやるみたい!
場所はフロウズンでもお馴染みの渋谷O-Crest。
8日にはフロウズンがツアーファイナルの2マンライブ60分ステージで出る場所です。
時間は19時からなんで明日お暇な方は是非来てね。
フロウズンと違ってあんまり首振ってない俺が見れます(笑)

さ、おさらいしよっかな。

2005.04.01

Close to the edge

まったくどうなってんだよ?
まあ、そりゃ気持ちは分かるさ。
言ってみればアンタらは楽天だ。弱小だ。
でもなにクソって気持ちがあれば、あんなことに二度も三度もならないだろうよ。
例え少数派でも信じてくれてる人達がいる。
それに応えるには結果が無理ならせめて誠意なんじゃないの?
その少数派にまであきれられちゃってるしさぁ。
創るのが無理なら、せめて作れっての。
いっそ買収されちゃえば?

« March 2005 | Main | May 2005 »